top of page
  • 執筆者の写真kota-seitai

股関節痛 -太腿の付け根と 変形性股関節症 といわれる 股関節痛 について

更新日:6月8日

東京葛飾区亀有のこた整体院の小竹良仁です。

股関節痛は以前、動画で公開しました肋骨の筋肉の調整と動画にはありませんが足裏の土踏まずの調整の2つがあります。



この2つは患部と関係ないところを調整すると改善される、天城流の股関節痛に対する指標になっています。

股関節は骨盤とのバランスを取り合っているのは部分的にわかりやすく感じると思いますが、痛みがでていてバランスが崩れてますので、これの調整に背骨をゆらしていきます。

脊柱は腰部分よりも、仙骨と胸椎部分(肩甲骨のライン)が重要になっています。




この位置関係は天城流解剖学理論の肋骨部分と重なっています。

また、股関節痛がある側の足元が硬直している場合がありますので、そちらもゆっくり硬さをとっていきます。

足元の硬さが取れると、その場で足も上がりやすくなります。

以上の部分はもみほぐしたり、マッサージをすると悪化しますので避けて下さい。股関節痛があるところも同様です。




公開している動画にセルフケアをあまり入れていないのは、加減を間違えると良くならないどころか、逆に痛める可能性があるからです。







医療系国家資格者【柔道整復師】がカウンセリングから施術まで担当

 こた整体院 亀有駅徒歩2分

所在地:東京都葛飾区亀有3-9-7東久ハイツ201







閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

腱鞘炎 ドケルバン病 など 手の疾患 葛飾区 亀有 こた 整体院

東京葛飾区亀有のこた整体院です。 手首、親指側に出やすい症状の腱鞘炎についてです。 親指に力が入りにくくなり、サポーターをして補助をしていないと疼いてきてしまいます。 手の親指の疾患は女性に多く見られます。また、良くならないまま長期的に長引く特徴もあります。 親指や手首に力が入らないと生活にも少し影響してくると思います。 今回はドケルバン病と言われる腱鞘炎の1種の解決方法ですが、親指に意識が向いて

股関節痛 を1年以上患った結果 葛飾区 亀有 こた 整体院

東京葛飾区亀有のこた整体院です。 70代 1年以上良くならない,左股関節痛が悪化し来院 座った状態から立ち上がるのもきつく、左足を上げることさえも辛い状態でした。 当院の一連の股関節に対する施術を行い、徐々に回復 しかし、一定の角度まで足を上げるとかなりきしむ音がしていました。 そして、身体の中心軸から見て左足の対極に右腕に違和感を感じました。 右腕全体の可動域制限、圧痛がつよく見られました。 右

Comments


bottom of page