top of page
  • 執筆者の写真kota-seitai

偏頭痛 めまい の 整体 葛飾区 亀有 こた 整体院

更新日:6月8日

東京都葛飾区亀有のこた整体院です。



40代 気圧や対人関係のストレスでスイッチが入ってしまい


頭痛、めまい、吐き気が起きてしまう方の施術後の変化に


なります。



主な原因は頸椎の歪みが引き起こしてしていると


考えますが、施術をするポイントは胸鎖乳突筋という


首の前にある筋肉を緩めます。


筋肉を緩める方法のメインは緩消法を使います。




頭痛、偏頭痛の要因は後頭部、側頭部の緊張も考えられ


ますが、今回はめまいもありますので、頸動脈も


通っている胸鎖乳突筋の緊張が大きく影響します。



頸動脈は内外に分かれて脳に向かい目、耳、鼻に血液


を供給しています。頸動脈は圧迫し続けると気絶してし


まうので、マッサージ類はできません。


逆にマッサージしたとしても、胸鎖乳突筋はこわばり


症状は悪化してしまいます。



これらと併せて、表情筋も緩めると尚、効果は高まります。




これらと併せて、表情筋も緩めると尚、効果は高まります。







ここ1年は症状も起きずに安定してるとのことです。



上記の問題が解決していれば、気圧やストレスの


影響は受けることも少なくなり、症状は起きないでしょう。




医療系国家資格者【柔道整復師】が


カウンセリングから施術まで担当



こた整体院 亀有駅徒歩2分 



所在地:東京都葛飾区亀有3-9-7東久ハイツ201






閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

腱鞘炎 ドケルバン病 など 手の疾患 葛飾区 亀有 こた 整体院

東京葛飾区亀有のこた整体院です。 手首、親指側に出やすい症状の腱鞘炎についてです。 親指に力が入りにくくなり、サポーターをして補助をしていないと疼いてきてしまいます。 手の親指の疾患は女性に多く見られます。また、良くならないまま長期的に長引く特徴もあります。 親指や手首に力が入らないと生活にも少し影響してくると思います。 今回はドケルバン病と言われる腱鞘炎の1種の解決方法ですが、親指に意識が向いて

股関節痛 を1年以上患った結果 葛飾区 亀有 こた 整体院

東京葛飾区亀有のこた整体院です。 70代 1年以上良くならない,左股関節痛が悪化し来院 座った状態から立ち上がるのもきつく、左足を上げることさえも辛い状態でした。 当院の一連の股関節に対する施術を行い、徐々に回復 しかし、一定の角度まで足を上げるとかなりきしむ音がしていました。 そして、身体の中心軸から見て左足の対極に右腕に違和感を感じました。 右腕全体の可動域制限、圧痛がつよく見られました。 右

Comments


bottom of page