top of page
  • 執筆者の写真kota-seitai

五十肩 の施術方法 其2 葛飾区 亀有 こた 整体院

更新日:6月8日

ひどいと、夜痛く疼いて眠れないくらいになってしまう五十肩。診断名が五十肩でなく肩に問題がある(野球肩、靭帯損傷など)も同様な辛さがでます。

 

 

動画の五十肩 其2では親指の付け根を調整しています。親指を調整する理由は、日常、肩だけを動かしているということは稀で、字を書くにしてもPCを操作するにしても手は確実に動いています。

 


手と肩が連動しているから肩のみを処置するのではなく、手の中で最も肉厚な親指の付け根を調整することが重要で、その理由になります。

 

 

野球も肩を痛めた。といいますが、同時にボールを持っている手にも負担はきていて、その負担は肩に影響しています。なので、親指の付け根を調整できれば野球肩も改善していけるという流れになります。



さらに、動画 其1の大胸筋(胸の付け根)も大事になります。理由はやはり肩も手も動かしていると胸もいっしょに動いているのと、やはり非常に分厚い筋肉だからです。

 


冒頭に書きましたが、五十肩だけではなく四十肩、肩関節周囲炎、野球肩、靭帯損傷、関節唇、腱板損傷もこの施術で改善していけます。



怪我の回復も早まりますので、是非参考にしてください。





 

 

 

医療系国家資格者【柔道整復師】がカウンセリングから施術まで担当

 

こた整体院 亀有駅徒歩2分 

 

所在地:東京都葛飾区亀有3-9-7東久ハイツ201


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

腱鞘炎 ドケルバン病 など 手の疾患 葛飾区 亀有 こた 整体院

東京葛飾区亀有のこた整体院です。 手首、親指側に出やすい症状の腱鞘炎についてです。 親指に力が入りにくくなり、サポーターをして補助をしていないと疼いてきてしまいます。 手の親指の疾患は女性に多く見られます。また、良くならないまま長期的に長引く特徴もあります。 親指や手首に力が入らないと生活にも少し影響してくると思います。 今回はドケルバン病と言われる腱鞘炎の1種の解決方法ですが、親指に意識が向いて

股関節痛 を1年以上患った結果 葛飾区 亀有 こた 整体院

東京葛飾区亀有のこた整体院です。 70代 1年以上良くならない,左股関節痛が悪化し来院 座った状態から立ち上がるのもきつく、左足を上げることさえも辛い状態でした。 当院の一連の股関節に対する施術を行い、徐々に回復 しかし、一定の角度まで足を上げるとかなりきしむ音がしていました。 そして、身体の中心軸から見て左足の対極に右腕に違和感を感じました。 右腕全体の可動域制限、圧痛がつよく見られました。 右

Comments


bottom of page